なぜジャスティンビーバーは”Love Yourself”で”My mama don’t like you”という文法ミスをしているのか

youtuberで一番早く成功した男は世界の女子を虜にする甘い歌声で名を上げています。

ジャスティンビーバーです。

justine

そんなジャスティンビーバーさんなんですが、最近日本でもよく聞くであろう’Love Yourself’という曲の歌詞のなかで明らかな文法ミスがあります。

その曲を知らない人は、コレを読んでみてください→洋楽を関西弁に和訳してみた Love Yourself / Justin Bieber

でその歌詞を引用してみます。

My mama don’t like you and she likes everyone
俺のオカンは誰でも好きやけどお前のことは好きちゃうねん

アレって思いません?

オカンって完全に三人称で単数系なはずやと思いません?

中学校で口を酸っぱくして習った「三単現のs」がないですよね。

ほんまは”My mama doesn’t like….”という歌詞でないとおかしい!

おかしいのがジャスティンビーバーなのか、私に英語を教えてきた全ての情報なのか。。

私は考えました。

「ジャスティンビーバーはオカンが2人おる複雑系男子ということなんか」

「いやでもそれならMamasでsがつくはずやし」

私の脳みそは混乱しました。

そして

「どうでもいいや」

と思って、この歌をけっこう大音量で口ずさんでいたんですね。

シャウト系で口ずさんでいるとイングリッシュがノリノリでカブせてくるわけですよ。

でその時に聞いてみたんですね。

イングリッシュなセクシーガールに。

「コレって文法的に間違ってるやんな?ってかどういう意味?」

「うん、文法的にはおかしいけどええねん。だってdoesn’tやったらビートに合わへんやん」

ビートに合わない。

ビートに合わないなら文法、というかルールを無視してもいいねん!ということなんですね。わかります。

まあ英語ってのはツールなので伝わればいいねん、ということなんでしょうね。

深く考える必要はないんですね。

今度またわからん事あったらセクシーイングリッシュガールに without下心 な精神で質問していきたいと思います。

ジャスティンビーバーのファンの事を「ビリーバー」といいます。

最近のライブでsorryとlove yourselfを歌ってる動画がアップされてたので、ビリーバー向けに貼っておきます

楽しんでくださいませ。