6ヶ月で英語がペラペラになる”英文法の勉強法”

      2016/06/26

 英文法って大嫌いやったんですよ。なんでかって英語の先生は比較的に論理的じゃないんですよ。そして伝家の宝刀「こういう時はこう言うから」という謎の解説をされてイラっとするんですよ。解説になってないやんってね。でもそれもコレを読めば、餃子の王将でお腹いっぱい食べて冷たい水を飲んだ時くらいはスッキリできます。そんな話です。

osho

日本人が英語を学ぶ時、文法はいわば「裏ワザ」

 文法というのは第二言語学習者にとってはいわゆる「裏ワザ」的な手法で、本来ネイティブであればトライアンドエラーの繰り返しで「こういう時はこう言うんや」というのを幼少時から蓄積して体得していくところを、文法を学ぶことで「体系的に、分かりやすく理解出来る」という利点があります。

 日本語に不自由しない私たちも、学校の国語の時間の文法に悩まされたことは記憶にあると思います。ネイティブ言語(日本語)は赤ちゃんの時からの大量のインプットから、おかあさんと話したりすることでトライアンドエラーを繰り返して「こういう時はこう言うんや」というのを積み重ねて、日本語を話すようになります。例えば「ら抜き言葉」は本来5段活用の動詞にしかつかわれない「れる」を下一段活用や上一段活用やカ行変格活用などに「れる」を使うことを言います。本来は「見ることができる」ということを「見られる」と言わないといけないワケですが、自然な日本語としては「見れる」をよく選択すると思います。何が言いたいかというと「ネイティブは文法を教えるのは経験から」ということです。もっと言うと「第二言語学習者のほうが文法をしっかり理解して教えられる」ということです。

 文法の勉強って理屈メガネ比率の高い理系の人からはかなり嫌われてて、それは「こう言う時はこう言うねん」で終わることが多すぎて「ただの暗記やんアホでもできるやんメモリの無駄遣いやん俺の脳みそCPUの動き悪なるやん」ってなるんですよね。メガネ的には。

 どちらかというとメガネというよりもサングラスを着けたい派なんですが、そんな私も理屈に通らないというか機械的に覚えるということが大嫌いなんで、どちらかとメガネ思考にすごい共感して高校時代を過ごしてました。その時フォレストっていう高校の英文法の王道的教科書を買わされて、まさに春の森林のごとく生い茂る「例外の暗記」にイラつきながらも必死に格闘してた黒歴史があるんです。さらに悪いことに、10年くらいたった今は全然残ってないんですね。そういう短期記憶というのは受験に役にたつものですが、受験にしか役に立たないということは分かって取り組まないといけません。

 そんな私が10年経って海外に出てみて、真剣に英語に取り組んだ際に、後悔したことがそれこそ数えきれないほどあるんですが、その中の一つに「この本で英文法勉強してたら、受験だけじゃなくてその後に海外に行っても役にたつ生きた英語が話せる道標として役にたってたやろうなー」ということです。簡単に言うと「この本で英文法勉強したらよかった」の一言につきます。

 その本で何がすごいって、全部すごいんです。学校の先生が「こういう時はこう言うねん」をことごとく覆してくれるんです。「ネイティブがどんなフィールやイメージを持って話してるか」を「日本語」で丁寧に説明してくれてます。

 一番驚いたのが「限定詞」のところ。みんな迷うところで’a’をつけるのか’the’をつけるのか、はたまた’-s’をつけるのかつけてはいけないのか、など。「数えられるか数えられないか」くらいしか学校の先生は教えてくれませんが、これには本当に詳しく記述があります。「犬が好き」という時になぜ’I like dogs.’の複数形が自然なのか、それがすんなりとハラに落ちる感じで詳しく書かれています。読んでみたくなるでしょ。

 セブで留学した際に「’I like dog’でも全然おかしくないよ」とか言われて「マジで!?俺の命がけの受験勉強は間違い!!?」と思っても「だってそういう風に言うで」とフィリピン人の講師に言われると「あぁ、、またでた、、、」と反論できなくなるメガネになってしまいます。でもこの本を読み終え、確信を得た私は声を大にしてその講師に言いたいです。「お前は間違っていた」と。セブの留学はあくまでも「初めの一歩」として利用すべきだともシャウトしたいです。

まとめ

 長くなったので、まとめると
「文法を学ぶのは第二言語学習者にとっては近道」
「ネイティブ講師よりも第二言語学習者の方が論理立てて教えられる」
「第二言語学習者でもバラつきがある(セブの講師のように)」
「そんな第二言語学習者の中でも、日本人でネイティブの感覚を論理的に教えられる人がいる」
「その人が受験生や英語学習者向けに本を出している」

 まとめても長くなってしまうのは日本人の悪い癖ですが、要するに英文法勉強するならコレを買いなさいってことです。

 コレね↓

 あと、海外に長く行く際は餃子の王将行っとくべしです。
 
 ラーメンは世界どこでも食べられますが、あの餃子は日本じゃないと食べれませんよ。タイに昔あって、今はシンガポールにありますが、運営会社もちがって味もちがうと評判なんで、やっぱり日本で食い納めしとくべしです。

 でもやっぱ王将は水が一番美味しい。

 -英語を磨く, , , , , , , , , , , , , ,

セブの留学エージェントしています

個人でセブ島の留学エージェントをこっそりスタートしました。
セブ島の英語留学をお考えの方は、お気軽に相談ください。
LINEで相談できます。
気になった人→→→ セブ島の英語留学サポートについて

問い合わせ

なんかいろいろ気になったら聞いてください
気になった人→→→ 問い合わせ

  関連記事

ariana

洋楽を関西弁に和訳してみた One Last Time / Ariana Grande

お楽しみのところ申し訳ございませんが、この記事はアメブロに移動しました。 アメブロ記事→この歌の関西

whereru

洋楽を関西弁に和訳してみた Where Are Ü Now / Jack Ü Feat. Justin Bieber

お楽しみのところ申し訳ございませんが、この記事はアメブロに移動しました。 アメブロ記事→この歌の関西

Justin_Bieber_-_Boyfriend

洋楽を関西弁に和訳してみた Boyfriend / Justin Bieber

お楽しみのところ申し訳ございませんが、この記事はアメブロに移動しました。 アメブロ記事→この歌の関西

apologize

洋楽を関西弁に和訳してみた Apologize / Timbaland ft. OneRepublic

お楽しみのところ申し訳ございませんが、この記事はアメブロに移動しました。 アメブロ記事→この歌の関西

PPS_asahibirushinboru_TP_V

外人にoh!と言わせる英会話〜It’s the shit!!〜

オーストラリアはタリーというところでバナナを担いだり切ったり投げたりして、まるでドンキーコングのよう

adele

洋楽を関西弁に和訳してみた Someone Like You ( Adele )

お楽しみのところ申し訳ございませんが、この記事はアメブロに移動しました。 アメブロ記事→この歌の関西

alliwant

クリスマスソングを関西弁に和訳してみた All I Want For Christmas Is You / Justin Bieber with Mariah Carey

お楽しみのところ申し訳ございませんが、この記事はアメブロに移動しました。 アメブロ記事→この歌の関西

imyours

洋楽を関西弁に和訳してみた I’m Yours / Jason Mraz

お楽しみのところ申し訳ございませんが、この記事はアメブロに移動しました。 アメブロ記事→この歌の関西

laymedown

洋楽を関西弁に和訳してみた Lay Me Down / Sam Smith

お楽しみのところ申し訳ございませんが、この記事はアメブロに移動しました。 アメブロ記事→この歌の関西

wdym

洋楽を関西弁に和訳してみた What Do You Mean / Justin Bieber

お楽しみのところ申し訳ございませんが、この記事はアメブロに移動しました。 アメブロ記事→この歌の関西