6ヶ月で英語がペラペラになる”5つの原則”

      2016/06/26

「英語を話せるようになりたいという人は多く、それを達成した人は少ない。」

これは間違った勉強法、語学学習の理解不足によるものです。

多くの第二言語研究者は言います。

「どんなに歳をとっても言語を獲得する事はできる」

それが本当なのかどうかはこれから書く事を実践して、体験してください。

また、コレから書く事は一番下にある参考動画を元に、自分なりに日本人向けに解釈して書いています。

気になる人は一番下の参考動画も見てください。

まずは、第二言語獲得に必要な’5つ原則’を書いて行きたいと思います。

ただ、その前に皆が誤解している間違った’認識’を説明します。

間違った認識1:才能

英語が苦手だ、というと才能の話になりがちです。

ただ、それは間違いであると断言されてます。

というのも言語学習に才能が必要であるならば、母国語を話せない人がいるはずなんです。

日本で育てば、日本語を不自由なく話す事ができるでしょう。

言語というのは生理的な訓練によるもので、

あとはその訓練をどれだけやったかに尽きます。

才能というのは只の言い訳。

そんな生産性のないエクスキューズはやめましょう。

間違った認識2:言語環境に居る事

海外に少しでも住んだ事があるなら分かるかと思いますが、どこの国にも中華街なるものがあります。

世界ではたくさんの中国人が生活しています。

ただ、その中国人達は英語を流暢に話すができるか?

答えはNOです。

その言語環境に浸るだけでは決して英語を話せるようになりません。

オーストラリアの日本人もそうです。

このグローバリゼーションが進んだ世界では、日本語だけで生活する事ができてしまいます。

という事で「そこに行けばなんとかなる」という環境依存の精神では英語は伸びません。

では、どうすればいいのか?

続いて5つの原則を書いて行きます。

原則1:自分に関係する事に集中する

英語を学ぶ時には次の4つが大きく関係しています。

・意味
・関連性
・注意
・記憶

英語を学ぶにはたくさんの単語を「記憶」しなければなりません。

その記憶を定着させるには

「自分に関係がある事」
「自分が注意しないといけない事」
「自分にとって意味のある事」

という事が記憶に残ります。

なので、自分に関係のある事を重点的に学ぶ事が、効果的な学習方法の1つ目の原則です。

原則2:学び始めた時からコミュニケーションの手段としてその言語を使う

言語というのは道具、ツールです。

ツールというのはどういう時に速く学べるのか?

例えば金槌と釘の使い方を考えます。

確かに、その使い方は口で説明するよりも、

実際使ってみるのがそのツールを効率よくマスターするでしょう。

どのくらい力をいれるか、とか。

英語も同じです。

ツールは使う事でマスターできます。

なのでこのツールを使いまくってマスターするのが原則だ、ということです。

原則3:メッセージを先に理解すれば無意識にその言語を習得していく

これは comprehensive inputと言われているそうです。

この原則が意味するところは「意味を理解する事が大事だ」ということです。

身振り手振りなどを含めて、相手を理解しようとする。

そうすると、意味と一緒に言語も習得していく事ができる、という事です。

理解を伴うインプットが重要であるという事が3つ目の原則です。

原則4:語学は生理学的なトレーニングである

「語学学習は、知識を積み重ねていくものではない。

多くの点で、生理学的なトレーニングである。」

これを多くの日本人が誤解している所です。

賢さが語学学習に無関係である事は嬉しい事実です。

語学は筋トレみたいなモンやって事ですね。

また、こうも言われています。

「私たちの脳の中のフィルターは、

私たちが慣れ親しんでいる音だけを取り込み、

知らない音は、フィルターが、取り除いてしまうのです。

聞こえれば、私たちは理解ができます。

でも聞こえなかったら、理解できるわけがないんです。」

人間の身体はよく出来ていて、

子どもの頃に聞けていた音は、大人になると「無駄」だと脳が判断して、無視してしまうのです。

ただ、これは訓練によって聞こえるようになります。

実際は聞こえているのを無視しているので、

無視できないように訓練するのです。

まずは発音できるようになれば、徐々に聞こえてくるようになります。

筋肉痛になるまでやる事が必要です。

そこらへんはこの記事にも書いています。

英語をゼロからですか?こうすればいいですよ

生理的なトレーニングであるという認識を持つ事が4つ目の原則です。

原則5:精神状態は重要である

これはかなり見失いがちです。

特にやる気がある人とかは自分にプレッシャーをかけすぎて、

逆に英語学習が効率的でなくなるという罠にハマりがちです。

語学学習の基本はハッピーでリラックスしてする事。

そうすると脳でα派が出て効率よく学習できます。

don’t push yourself too hard.

これ、学校の先生にも友達にも良く言われました。

そういう事かと納得できる5つ目の原則です。

で、

この原則をふまえて、

実際に、具体的にどうすればいいのか?

その7つの行動をまた次回に書きたいと思います。

下に参考動画を張っておくので、気になる人は見てみてください。

では次回の7つの行動を書きますのでお楽しみに。

参考動画

 -英語を磨く, , , , , ,

セブの留学エージェントしています

個人でセブ島の留学エージェントをこっそりスタートしました。
セブ島の英語留学をお考えの方は、お気軽に相談ください。
LINEで相談できます。
気になった人→→→ セブ島の英語留学サポートについて

問い合わせ

なんかいろいろ気になったら聞いてください
気になった人→→→ 問い合わせ

  関連記事

C789_unitoikuramaguro_TP_V

外人にoh!と言わせる英会話〜It’s banging!!〜

使う人によっては意味を取り違えられることもある、上級者向けの英会話です。 bangは、まあ「夜のたし

gb

ビルボード第4位!ビートルズを関西弁に和訳してみた Get Back / The Beatles

お楽しみのところ申し訳ございませんが、この記事はアメブロに移動しました。 アメブロ記事→この歌の関西

cmtgth

ビルボード第6位!ビートルズを関西弁に和訳してみた Come Together / The Beatles

お楽しみのところ申し訳ございませんが、この記事はアメブロに移動しました。 アメブロ記事→この歌の関西

rude

洋楽を関西弁に和訳してみた Rude / Magic!

お楽しみのところ申し訳ございませんが、この記事はアメブロに移動しました。 アメブロ記事→この歌の関西

ichiro

世界で勝負するならイチローのこの会見を見るべし

イチローさんが日米通算で世界一ヒットを打ったのが話題になってます。 私は野球とかあんまり興味なくて、

evenmydaddoessometimes

洋楽を関西弁に和訳してみた Even My Dad Does Sometimes / Ed Sheeran

お楽しみのところ申し訳ございませんが、この記事はアメブロに移動しました。 アメブロ記事→この歌の関西

sundaymorning

洋楽を関西弁に和訳してみた Sunday Morning / Maroon 5

お楽しみのところ申し訳ございませんが、この記事はアメブロに移動しました。 アメブロ記事→この歌の関西

justin

洋楽を関西弁に和訳してみた Baby ft. Ludacris / Justin Bieber

お楽しみのところ申し訳ございませんが、この記事はアメブロに移動しました。 アメブロ記事→この歌の関西

Sigma_Nobody_to_Love

洋楽を関西弁に和訳してみた Nobody To Love / Sigma

お楽しみのところ申し訳ございませんが、この記事はアメブロに移動しました。 アメブロ記事→この歌の関西

a0027_002160

スピードラーニングを買う前に

スピードラーニングという「聞き流すだけで聞こえるようになる」という勉強法が流行っています。そんな商品